仕事と育児を両立させる方法

仕事と育児を両立させるには、まず仕事選びが大切です。

「時短勤務制度」は育児や介護などの理由で通常の勤務が難しい人のために定められた制度で、1日の労働時間は原則6時間となっています。1年以上勤務しており、子供が3歳未満の場合に利用することができます。会社によっては独自の制度を導入しているところもあるので、制度の内容を確認して選ぶと良いでしょう。
また、正規雇用よりもパートタイムで働いた方が育児と両立しやすい場合があります。職場のスタッフが多くシフト制を導入している場合、急に予定を変更しなければならない時も調整しやすいです。

仕事と育児を抱えていると、肉体的にも精神的にも疲労がたまってしまいます。両立させるには休んでいる暇がないかもしれませんが、頑張りすぎると体を壊して倒れてしまいます。「~しなければ」と自分を常に追い込んでいると、そのうち全てが嫌になってしまう恐れもあるので、気持ちを楽にすることが大切です。
手を抜くことは悪いことではないので、ネットショッピングや宅配サービスなどを利用するのもおすすめです。完璧にこなすことよりも、お子さんの前で明るく元気なママでいることの方が大事です。

また、周囲に協力してもらうことも大事です。
自分一人で動ける時間や体力には限りがあるので、旦那さんや両親、親せき、地域で子育て支援を行っているファミリーサポートなどに手伝ってもらいましょう。費用はかかりますが、ベビーシッターや家事代行サービスを利用するのも、両立を叶える1つの方法です。