一人で無理をしないことが大事

女性にとって育児と仕事の両立は大変なことです。
特に子供が幼いうちは、体調に大きな変化があるため子供が体調を崩すと仕事にかなり影響が出てしまいます。
子供に理解のある職場なら勤務を配慮してもらうことができますが、中には職場の上司や同僚が嫌味を言ってくるようなケースもありえます。

また、医療や福祉の現場にて勤務する場合は、時間どおりに仕事が終わるとは限らず、そう簡単に抜けられる状況じゃない場合もあるため、なかなか調整が難しくなります。さらに、人手不足の関係で休みがもらえなかったりすることもあります。

そのような場合において女性自身、育児と仕事の両立に悩むことでしょう。そんな時は、自分一人で抱え込むことはありません。
周りの手助けによって両立していくことが大事です。

一例として、旦那さんと協力して育児を行うという方法があります。子供が体調不良の時は、旦那さんと交互に仕事の休みを取って協力すれば、両立することが可能です。
しかし、旦那さんも仕事が忙しく協力できないことがあることも考えなければなりません。そのような場合は、旦那さんや自身の両親の手を借りることも必要になります。

一人だけで育児と仕事を両立するのはとても難しいものです。困難な場合は、決して自身で抱え込まずに周りの手を借りることが必要です。
周りと上手く協力していくことで、旦那さんはもちろん、その家族たちとも深い絆を築いていくことに繋がります。
子供は女性が一人で育てるものではありません。決して無理はせず、みんなに相談しながら子供を育てていくことが大事です。